-

任意整理という言葉は一般的には負債の整理というふうにも言われそれぞれ貸方への借金の返済を続けていくことを選ぶ債務の整理の形です。

実際としての手続きでは司法書士の資格者または債務処理経験のある弁護士債権を有する者と債務者との中に入って話し合って、利息制限法によって利息の再計算をもとに新たに計算しなおした借り入れた元金について金利を減額することによって3年前後の時間で返済をしていく借金整理対策です。

任意での整理は裁判所といった公的機関が手出しすることはないため他の選択と比べた場合、選択したときにおける不利になる点が最も小さく、処理が債務者にとってあまり問題にならないことから、ここから考慮したほうがよい手続きといえます。

くわえて、債権を持つものが街金といったような大変高額な利息の場合には、法で決められている利息を超過して振り込んだ金利については借入金の元金に充てると判断し元金それ自体を少なくしてしまうことだってできます。

ですので、消費者金融みたいな高額な借入金利のところに何年も返し続けている場合だと期待以上のお金をカットすることができることもありますし、15,6年とか返している例だと元金そのものが償却されるようなこともあります。

任意整理のメリットとすると自己破産手続きとは異なって特定の負債のみをまとめていくことができますので連帯保証人が関係している負債を除き処理したい場合や住宅ローン以外について整理をする場合などでも用いることが可能になりますし築き上げてきた資産を処分してしまう必要がありませんので、住宅などの資産を所有しているものの放棄したくない場合などでも有効な借金整理の手順といえます。

後々の返済額と実現可能な可処分所得を比較して返済の目処が立てられるようならこの方法で方法を選択することは問題ありませんが破産のように返済義務が消えるのではありませんので負債の総量が大きい状況では現実問題として任意整理による選択をするのは容易ではないといえるでしょう。

Category

リンク