-

お店で一切の所有カードが切れるのでもありません。電話占いヴェルニ

◇クレカの契約店は一般的には、多くのクレジットカードブランドと契約しているわけですが、不便なことに一切の加盟店舗で全てのサービスの所有カードが使用できるわけではありません。真田丸

つまり昔ながらの店舗の場合にはJCBの付いたクレカしか切れない場合もあるし、最近できたお店の場合VISAやマスターのロゴのついたカードのみしか使用不可なときもあるものです。短期のホワイトデーバイト

ディスカバーのようなクレカの場合は、いっそう使用不可な場所が増えるでしょう。http://xn--q9j2c8gqa2jqe1c5559a7jxb.com/drink.html

何のロゴの所有カードが使用可能かというのをいかに見分けるといいんだろう?「それならいかにしてどの印の所有カードが決済可能かというのを見分けたら良いか?」といってはみたものの本当のところを知るためにはショップの誰かに見せてみるのみ、というのが残念ながらその答えです。ライザップ 札幌店

ただし大部分の店舗や料亭には加入店の分かりやすい場所に切れるクレジットカードの印が入っている認証ステッカーがある理由から、「ふーん、あそこのレストランではMasterCardが決済できるんだな」ということがわかるようにされてるので記憶にとどめておいていただけるとよいと思います。メールレディ

反対に、きっちりと案内が行き届いていない加盟店で決済する場合にはロゴステッカーが掲示されているのに「当店では○○カードはご決済いただけません」といった回答をされてしまう状況もないわけでもなく、メンツを失うようなことだけは避けたいところです。糖ダウン

可能な限りは全部の店舗でカードが有効であるようにするために異なるグループ(海外ブランド)が入っている一般的なVISAカード、JCB、ダイナーズアメリカンエキスプレスカード、ライフカード、等のクレジットカードを2枚以上持つようにするとよいと思います(例として:UCカードを契約しているならもう一方はディスカバーカード付帯のクレカを持つ等)。

もっぱら日本ではVISAカード、マスターカード、JCBの3つの契約が入っているカードをいつも持っておけばすべての契約店でどれかしらのクレカを決済する機会があります。

クレジットカードを使って有効的にキャッシュレス生活を目標とするのであれば、確実に少なくともこの3枚のクレジットカードを作っておいていただくことをお勧めします。

Category

リンク