-

クレジットの無用になりつつある…そのような時にカードの機能停止(きのうていし)を行いましょう。説明は無用だと考えられますが、カードの無効化とは本人が所持しているクレジットカードをもう二度と買い物などで使えない状態にしてしまうことを意味します。ただ今ご覧の記事においては不要になったクレジットカードの機能停止の手順から契約解除をする時の要点などを徹底的に挙げてみることにしました。このページを一読してもらえたならば使用の中止に関する心配事をさっぱりと取り除いて気楽になっていただけると考えております。単刀直入に書くがクレジットを使用不可能化するやり方は意外にすぐ終わります。「カード会社に加入したらしたくても使用不可能化がするのは骨が折れるのではないの……」誤った思い込みや、「クレジットの機能停止の願い出が煩雑なんじゃないだろうか?」というように思われる方も多いという話だが 実際はクレカの機械読み取り側に記載のある電話番号に確認するとともにカード機能停止の意向を言うのみで楽ちんで契約解除ができるのです(わずか3分くらいで終わってしまいます)。クレカを利用開始するときはあり得ない程大変だったというのに機能停止のやり取りはまさか一回の通話だけ?とびっくりして何も考えられなくなってしまうことだろう。本当に無効化のやり取りはあっという間なものなのでしょうか?その通りです。クレジットカードの契約解除の事務手続きはごく少数の場合を考慮に入れなければ解約用の専用の用紙も無用なばかりか長い間引き止められるようなこともあるとは思えません。まさにただ「持っている●●カードを解約するにはどうすればよいでしょうか・・・」といったように話しているオペレーターに宣言するのみで大丈夫です。本当のところ、私の知り合いも過去に25枚を越えるクレジットを使用中止するために申請を行って参りましたが、退会で問題が起こったことは経験していないのでこういった懸念については安心して結構です。事情通の口から小耳に挟んだことによれば使用不可能化をしようと電話したところやめる理由について知りたいと言われる事態があったらしいのですが、単純に顧客満足度のチェックという雰囲気のものだったようで、再考を迫られることもまずないと教えてくれました。万が一聞かれたという場面に出くわしても『年会費がもったいないため』だとか『競合他社のクレジットのホームページを見たらその方が使い勝手に優れていそうなので』というように言ってしまえば問題ないのです