-

加盟店舗でみなの所有カードが決済可能なわけでもない◇クレジットカードの契約店舗はおおむねときには5を超えるクレカの会社と契約しているんですが、いかんせん商店で全ての種類の所有カードが使えるわけでもありません。例をあげれば昔ながらのお店のときにはJCBロゴの書いたクレジットカードしか使用できないときもありますし、最近できた加盟店の場合VISAとかマスターカードの印の書いたクレジットカードだけしか使用できない場合もよくあります。銀聯のようなカード会社の場合にはいっそう使用できないショップが増えるのではないでしょうか。何のブランドの所有クレジットカードが切れるかをいかなる方法で判断するといいのか?「だったらどのようにしてどのマークの所有クレジットカードが切れるかを判断するといいの?」といってはみたものの、きちんとしたことを理解するんだとすると該当店の方に聞いてみる以外にはないていうのが実のところその答えです。ただしけっこうの数の店やレストランには店舗前の見えるところに切れるカード会社のマークが書かれた認証ステッカーが付けられていることから「そうなんだあそこのお店ではダイナースカードが決済できるのだな」といったことが分かりやすいようになってるし確認していただけると思います。正確に確認が行き届いていないお店で使うときには印が貼り付けられている場合でも「当店ではご提示いただいたクレカは決済いただけません」といった案内をもらってしまう状況もないといえなくもなく冷や汗をかいてしまう状況に出くわしかねません。欲を言えば可能な限り全部の加入店でクレカが切れるようにしたいならば異種の印(インターナショナルな印)がはいった一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナーズ等のカードを2枚以上は使えるようにしておくようにお勧めします(例:ニコスカードを契約しているならもう一枚はアメリカンエキスプレスカード付帯のカードを申し込むとする等)。もっぱら国内では、VISAカード、MasterCard、JCBの3つのカード会社が入ったカードを常に持っておけば、間違いなく日本全土の加盟店でどれかしらのクレジットカードを提示することができます。クレカを使いこなして日常的にスマートな支払いを目指すならば、できる限り早めにそれぞれのクレジットカードを使えるようにしておいていただきたいと思います。

Category

リンク